高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > 手作り健康食品 > 手作り 「にんにく卵黄」

手作り健康食品

手作り 「にんにく卵黄」


【にんにくレシピ】・にんにく卵黄


にんにく卵黄
にんにく卵黄ハーブ塩(過去記事)をつくる際必ず作らなければならない、「にんにく卵黄」の作り方を再掲になりますがご紹介しておきます。

【材料】 

・ニンニク
(国産・しかも実家の畑収穫ものです) 400g
・卵黄 4個分(75g)
(ニンニク卵黄は上記2つの材料で作ることができます。

【レシピ】
1) 皮をむいたにんにくをハンドブレンダ―かミキサーにかけます。にんにくに含まれている水分が出てきますので水は使いません。
にんにく卵黄ソルト03
2) 卵黄はにんにく100gに対して一個とお考えください。今回は400gのにんにくをつかいましたので卵黄4個を取ります。割った卵の殻を使って黄身だけを取り出しても良いのですが、
小鉢に卵を割り入れて黄身だけを手ですくう方法もあります。綺麗に黄身がとれます。
にんにく卵黄ソルト02
えーー?手じゃいやだわという方は、 エッグセパレーターがあると簡単に卵の黄身と白身を簡単に分けられますよ。


キュイジーヌのこのシリーズは磁器で電子レンジやオープンに入れても大丈夫です。安心の日本製。

3) (1)と(2)を混ぜてもう一度ミキサーかハンドブレンダ―でよく混ぜます。
これでにんにく卵黄のタネができあがり。
にんにく卵黄ソルト04 
 にんにく卵黄ソルト05

4) (3)を油を敷いていないフライパンに入れて火を入れます。中火以下で、できるだけフライパンいっぱいににんにく卵黄のタネを広げます。
にんにく卵黄ソルト07 

にんにく卵黄ソルト08
焦げ付かないようにフライパンの端の乾いたにんにく卵黄をそぎおとしながら、全体の水分が飛んでいくようにします。(この間5分程度)
火を止めてしばらく放置します。
この作業を3回から5回繰り返します。
フライパンの底が冷えたらフライパンごと冷蔵庫に入れて一日置きます。
2日目も同じ作業をします。
にんにく卵黄09

5) 3日目の作業です。
にんにくと卵黄の状態が火が完全に通ってまとまりが出てきたら、クッキングシートにのせて電子レンジにかけて水分を飛ばします。
荒熱がとれたら冷蔵庫に入れて数時間後にもう一度電子レンジに入れ、水分を飛ばします。
この作業も3回~5回繰り返します。
にんにく卵黄ソルト13

にんにく卵黄ソルト11

6) 手で触った時にカチカチ感があると感じたら、粉にします。
にんにく卵黄ソルト14
ミルサーのような粉状にできるクッキングマシンを使うと便利です。昔はすり鉢で擂っていました。
にんにく卵黄ソルト15

にんにく卵黄
粉にすると焦げ茶だったにんにく卵黄が黄土色というか黄色に近い色になります。
にんにく卵黄ソルト16

≪ここまででにんにく卵黄はできあがります。≫

にんにく卵黄は、400gのにんにくと卵黄4個で、178gのにんにく卵黄ができあがりました。
これからもう少し乾燥すると思われますので、にんにく卵黄は170g程度のできあがりになるかな。(参考までに)

【一口メモ】

レシピの材料に「上記2品でにんにく卵黄ができます。」と、記載していますが、にんにく卵黄は血液の状態をよくしてくれたり滋養強壮にも良いので、岩塩を入れたにんにく卵黄岩塩を作ったり、焼肉のたれに混ぜたり、パスタ料理にも合いますし、炒飯に入れたり、ラーメンのスープに少し入れるなど、個人の好みに合わせて色々なレシピに使うなどしてみてください。

にんにく卵黄のみを摂りたい方は、小さいスプーンに半分程度を口に入れてお茶を飲むなどして粉をいただいてもよいですが、においや味が苦手な方は、市販されているカプセルなどにつめておくと毎日飲むのが楽です。

にんにくのニオイや味が気にならない方は、小さじ半分程度を毎朝召し上がるとよいと思います。

にんにく卵黄ソルト17

2年前に作ったにんにく卵黄岩塩ハーブと今年作ったにんにく卵黄岩塩ハーブの比較
にんにく卵黄ソルト23
(今年作った手作りにんにく卵黄岩塩ハーブは、にんにく卵黄の量を増やした事と紅岩塩を使ったので2年前に作ったものと比べると卵黄を増やしたので結構色が濃いです。)

2.5ccさじで2gの減塩ハーブ塩
2.5cc小さじ2分の1の軽量スプーン1杯で2gになります。
小さじ1杯の時4gです。
このにんにく卵黄塩は私のオリジナル調味料で通称「ポパ塩」と10年くらい前から知り合いに呼ばれております。
余計な調味料が必要ないくらい、この岩塩にんにく卵黄塩だけで色々な料理ができます。
手作りハム、パスタ料理、サラダドレッシング、魚の下味付け、ラーメンのスープ、炒め野菜、煮物、から揚げの味付けや振り塩などレシピを選ばない万能調味料になります。
ぜひお試しください。




毎日の食事食生活というのはほんとに大切なんですね。
食事が終わった後に喉が渇くか乾かないかで、その時の料理の塩分が多いか少ないかの目安にもなりますね。
どうしても摂れない栄養素についてはサプリなどを上手に活用してもよいですが、バランスの良い食事が何より健康には良いという事を理解しておきましょう。
「また腹八分目に医者いらず」という言葉どおり、食べ過ぎには注意しましょう。
カロリー計算や塩分計算については、あくまでも素人であり
主人の減塩食紹介ということをご理解くださいませ。
日々の健康減塩レシピにお役立ていただければ幸いです。m(^^)m

ブログランキングへ
ranking
人気ブログランキングこちら

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
健康応援^^



高血圧食事療法で治す@減塩レシピ」トップページに戻る 運動

<<大豆と昆布と豚肉の炒めもの高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ減塩レシピに一工夫>>