高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > スポンサー広告 > 減塩レシピに一工夫

高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > 高血圧の話 > 減塩レシピに一工夫

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高血圧の話

減塩レシピに一工夫

日本料理が2013年の12月4日ユネスコ無形文化遺産に登録されましたね。

日本料理と言っても日本という国は広いです。
北国では味の濃いものが好まれ、京料理は素材の色や味を損なわない料理が好まれ、南国では甘く濃く腐りにくい料理が好まれます。
地域の四季の気温などによって、作り方はさまざま。
日本料理と一口に言うのはどうかと思うのですが、国際的に知られている代表的な日本料理といえば、寿司、天ぷら、すき焼きなどですかね。

tenpura

sukiyaki

煮物、焼き物、揚げ物、和え物、蒸し物、漬物、などさまざまなレシピがありますが、どの料理にも一工夫する事で塩分を控えたレシピができます。
塩麹や昆布や酒もありかもしれませんが、手に入りにくいものではありません。
嫌いな人は嫌いな味の素です。 いの一番でもよいですよ。

ほんの少しだけ一つまみの味の素は万能調味料です。
うま味が簡単に出せるので、塩や醤油などの調味料を減らせます。
味の素ではさまざまな生活習慣病に対応した商品開発をしていますよね。
明らかに体に害があるものは日本では販売されないでしょう。
一工夫というのは、「味の素を入れる」です。
嫌だーって言う方は市販品のポン酢やその他のタレ類も使っている場合じゃないですよ。

外食も然り。

焼き物や天ぷらなどは出来上がってから、0.1gくらいのひねり塩(親指と人差し指でじりじりと細かくしながらふりかける)でいただくと超減塩レシピになります。そういうものであれば味の素は必要ないですね。

マメな方であれば、まとめて昆布だしをとったり、昆布と鰹節で一番出汁を取って冷蔵保存しておくと、味の素とほぼかわらないうま味を出す事ができます。

あれは体に悪い、これは体に悪いと言っていたら、外食もできませんし、市販の肉まんなんて食べられませんよね。

抹茶や昆布茶なども色が着かないくらい少量を使う事でうま味がでます。
お酢もうま味の素ですから、ツンとくる酸っぱさは火を入れて飛ばしてから使うとうま味がでます。

バランスの良い減塩日本料理は出汁が必須ですね。簡単だしなら、出汁の素です。
塩分を控えたレシピにはオリジナル工夫をしてみましょう。

カロリー計算や塩分計算については、あくまでも素人であり主人の減塩食紹介ということをご理解くださいませ。
日々の健康減塩レシピにお役立ていただければ幸いです。m(^^)m

ブログランキングへ
ranking
人気ブログランキングこちら

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
健康応援^^



高血圧食事療法で治す@減塩レシピ」トップページに戻る 運動

<<手作り 「にんにく卵黄」高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ明太子と牛蒡の焼き飯>>

<<手作り 「にんにく卵黄」高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ明太子と牛蒡の焼き飯>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。