高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > スポンサー広告 > 豆腐とキャベツ他根菜の味噌鍋

高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > 減塩レシピ(鍋料理) > 豆腐とキャベツ他根菜の味噌鍋

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減塩レシピ(鍋料理)

豆腐とキャベツ他根菜の味噌鍋


【減塩レシピ】・豆腐とキャベツ他根菜の味噌鍋


【材料(4人分)】 (塩分量(1人分のスープを全て飲んだ場合) 約2.6g)

・キャベツ 中玉1/2個分(約200g)
・人参  1本 
・ゴボウ 1本
・木綿豆腐 一丁 400g
・冷凍いんげん 200g
・肉シュウマイ12個(1人3個)
・太ネギ 1/2本
・味噌 大さじ 3杯
・出しの素 大さじ1杯
・水600cc 

01
シューマイカロリーと塩分

大さじ1杯味噌=約19.5gです。(塩分2.3g)
スケール01
(スプーンの重さをはかります。)
次にそのままスイッチにタッチ
スケール物をのせてから0g設定
表示は0表示になります。スプーンをはずすとマイナス○表示になりますので次に材料を入れてまたスケールに乗せます。
食品のみの重量
調味料の重さが正確に量れます。

これはとても便利で価格も安いのでご紹介しておきますね。

【レシピ】
1) キャベツは洗って手で適当な大きさにちぎっておきます。包丁で食べやすい大きさに切っておいてもよいです。

人参は縦に4つ割にしてから薄切りにしておきます。
豆腐は好みの大きさ(食べやすい一口大に切っておきます。


2) 土鍋に水を入れたら(1)を入れて入れます。
ゴボウはよく洗ったらそのまま土鍋にササガキにして入れます。
土鍋の中の野菜がぐつぐつと煮えてきたら冷凍インゲンを食べやすい大きさにポキッと折っていれます。
豆腐とキャベツの味噌鍋02

3) 鍋の中の具が煮えてきたら出汁の素を入れてその後に味噌を入れます。

最後にいれる肉シューマイとネギ
味を見てちょっと薄いようでしたら薄口しょうゆ等で調整するとよいです。味噌を足してもよいですが、その場合はスプーンやおたまの中で鍋のスープを入れて溶かしながら入れて下さいね。
最後に冷凍の肉シュウマイを入れて肉シュウマイに串をさしてみてとおるようでしたらネギを入れて一煮立ちさせたらできあがりです。

(肉シュウマイを電子レンジで解凍してから入れてもよいです。) 私の場合、できるだけ節電してますので。(笑)
豆腐とキャベツの味噌鍋01
メニュー カロリー(kcal) 塩分量(g)
豆腐とキャベツ他根菜の味噌鍋 約300 (スープを飲むか
飲まないかによって
塩分量が変わります。
1人分のスープを全て飲んだ場合)
約2.6

豆腐とキャベツの味噌鍋01


【一口メモ】
寒い季節は鍋料理が一番ですね。
簡単につくれますし、凝った具にするのであれば手作りつくね等をいれればよいですし、高級な具材から安い具材まで幅広い食材でつくれるのが鍋料理です。
とにかく野菜をたくさん入れて、たんぱく質は豆腐などカロリーが低くて高タンパクな食材を入れるだけで栄養バランスが良い食事になりす。
一日目の鍋料理は湯豆腐にして、酢と出汁醤油のタレでいただき、翌日には味噌仕立ての鍋にして・・と、味が違う鍋料理を3日くらいは楽しめます。
スープ仕立てでは、豆乳鍋、豆乳味噌鍋、醤油鍋、塩鍋など、いくらでもアレンジできます。
その場合、高血圧の人の場合はスープを極力飲まない事で塩分摂取量はとても少なくできます。


喉の渇きを感じたら水分の多い野菜なども増やすレシピの工夫をしましょう。

ほうれん草のつくね鍋
湯豆腐



毎日の食事食生活というのはほんとに大切なんですね。
食事が終わった後に喉が渇くか乾かないかで、
その時の料理の塩分が多いか少ないかの目安にもなりますね。


カロリー計算や塩分計算については、あくまでも素人であり
主人の 減塩食紹介ということをご理解くださいませ。
日々の健康減塩レシピにお役立ていただければ幸いです。m(^^)m

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いします。
ranking
人気ブログランキングへ

にほんブロ

グ村 料理ブログ 健康食へ
健康応援ポチッとお願いします ^^



高血圧食事療法で治す@減塩レシピ」トップページに戻る 運動

<<フライドポテト高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピかぼちゃとリンゴとベーコンのサラダ>>

<<フライドポテト高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピかぼちゃとリンゴとベーコンのサラダ>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。