高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > スポンサー広告 > くるみ入りベーグル

高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > 減塩レシピ(粉物) > くるみ入りベーグル

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減塩レシピ(粉物)

くるみ入りベーグル

 
【減塩レシピ】・くるみ入りベーグル

材料(6個分) (塩分量4g)

・強力粉(250g)
・砂糖(10g)
・塩(3g)
・ドライイースト(3g)
・水(150cc)
・くるみ(20g)

ケトリング用
・砂糖or蜂蜜(大さじ1)


【レシピ】
1) くるみを細かく刻みます。一番大きい粒が5mm程度になるくらいが目安になります。
110919_01.jpg

2) ボウルに強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れて出来れば30~40度程度に温めた水を加えます。
ドライイーストは砂糖と一緒の場所において、塩からは遠ざけておきましょう。
110919_02.jpg

3) 箸などを使ってボウルの中である程度まとまるまでよく混ぜます。
110919_03.jpg

4) まとまったら台の上でこねます。
手につかなくなって表面がつるつるになるくらいまでこねたら薄く伸ばします。
110919_04.jpg

5) ここで、(1)で刻んでおいたくるみを混ぜて、均一になるまでかるくこねます。
110919_05.jpg

6) 綺麗に混ざったら丸めてボウルに戻して一次発酵40分です。
一回り大きなボウルに40度くらいのぬるま湯を入れて、その中に生地が入ったボウルを入れるとうまく発酵します。
ボウルの上には濡れた布巾をかけて乾燥を防ぎましょう。
110919_06.jpg

7) 40分で約2倍の大きさになっていると思います。
指をプスッと刺してみて、指に付かず穴が押し戻されてこなければ発酵は完了です。
110919_07.jpg

8) 生地を手で押さえてガスを抜いたら、6等分に切り分けます。
110919_08.jpg

9) ドーナツ状に形成します。
形成の方法はいろいろありますが、一番簡単な方法は、真ん中に人差し指で穴を開けて指を二本入れてクルクル伸ばすのが一番簡単な方法でしょう。
110919_09.jpg

10) 形成したら二次発酵20分です。
私はこの段階で天板にクッキングシートを敷いて、その上に並べて、天板の下にお湯が入ったボウルを置いて二次発酵させていますが、発酵機能付きオーブンなどを利用するのもよいでしょう。
ほぼ2倍の大きさになります。
二次発酵にかかって10分程度した所でオーブンを200度で予熱スタート、15分程度した所でケトリング用のお湯を沸かし始めましょう。
110919_10.jpg

11) ケトリング用のお湯は沸騰させないように注意して、砂糖or蜂蜜をお湯の中に溶かしておきます。
発酵が終わった頃にお湯が沸騰直前まで沸いているはずなので生地を入れて、両面をそれぞれ30~40秒づつ茹でます。
この時も沸騰はさせないでくださいね。沸騰させるとベーグルの表面がボコボコになりますので。
110919_11.jpg

12) ケトリングが終わったらキッチンペーパーで軽く水気を取って、クッキングシートに並べてちょうど予熱が終わっているはずのオーブンに入れます。
110919_12.jpg 110919_13.jpg

13) 200度で20分焼いたら完成です。
110919_14.jpg


メニュー カロリー(kcal) 塩分量(g)
くるみ入りベーグル 180 0.5
いずれも1個あたりです。


110919_15.jpg
こちらはゴマ入り

【一口メモ】
パンは想像以上に塩分を多く含んでいます。
例えば食パン1枚で約1gの塩分を含んでいます。
自分でパンを焼くことで塩分コントロールできますし、何よりもパンづくりは楽しいです。
凝り始めればいろいろな道具が欲しくなるでしょうが、工夫すればオーブンさえあればあとは普通の家にあるもので出来ますのでまずは挑戦してみてはいかがでしょうか。
ベーグルは失敗も少ないので入門編としておすすめですよ。

ブログランキングへ
ranking
人気ブログランキングこちら

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
健康応援^^



高血圧食事療法で治す@減塩レシピ」トップページに戻る 運動



高血圧の人の為のレシピトップに戻る  

<<かぼちゃとリンゴとベーコンのサラダ高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ手作りにんにく卵黄、にんにく卵黄ハーブ塩>>

<<かぼちゃとリンゴとベーコンのサラダ高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ手作りにんにく卵黄、にんにく卵黄ハーブ塩>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。