高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > スポンサー広告 > 手作りにんにく卵黄、にんにく卵黄ハーブ塩

高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > 減塩レシピ(調味料) > 手作りにんにく卵黄、にんにく卵黄ハーブ塩

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減塩レシピ(調味料)

手作りにんにく卵黄、にんにく卵黄ハーブ塩


【減塩レシピ】・減塩にんにく卵黄塩


にんにく卵黄ソルト01
【材料】 

・ニンニク
(国産・しかも実家の畑収穫ものです) 400g
・卵黄 4個分(75g)
___(ニンニク卵黄は上記2つの材料で作ることができます。)____________
・岩塩 (紅岩塩550g 白岩塩530g) 
・パセリ  2.5g (お好みでもっと多く入れてもよいです。) 
・ローリエ10枚 2.5g (お好みでもっと多く入れてもよいです。)
・バジル1.8g (お好みでもっと多く入れてもよいです。)  
・オレガノ 2.1g (お好みでもっと多く入れてもよいです。)
・荒挽きコショー 21g
(ハーブ類は、自分の好みでタイムやローズマリーなど入れてもよいですよ。)

にんにく卵黄ソルト19
【レシピ】
1) 皮をむいたにんにくをハンドブレンダ―かミキサーにかけます。にんにくに含まれている水分が出てきますので水は使いません。
にんにく卵黄ソルト03
2) 卵黄はにんにく100gに対して一個とお考えください。今回は400gのにんにくをつかいましたので卵黄4個を取ります。
小鉢に卵を割り入れたら黄身だけを手ですくうと綺麗に黄身がとれます。
にんにく卵黄ソルト02
3) (1)と(2)を混ぜてもう一度ミキサーかハンドブレンダ―でよく混ぜます。
これでにんにく卵黄のタネができあがり。
にんにく卵黄ソルト04  にんにく卵黄ソルト05

4) (3)を油を敷いていないフライパンに入れて火を入れます。中火以下で、できるだけフライパンいっぱいににんにく卵黄のタネを広げます。
にんにく卵黄ソルト07  にんにく卵黄ソルト08
焦げ付かないようにフライパンの端の乾いたにんにく卵黄をそぎおとしながら、全体の水分が飛んでいくようにします。(この間5分程度)
火を止めてしばらく放置します。

この作業を3回から5回繰り返します。
フライパンの底が冷えたらフライパンごと冷蔵庫に入れて一日置きます。
2日目も同じ作業をします。
にんにく卵黄ソルト09

5) 3日目の作業です。
にんにくと卵黄の状態が火が完全に通ってまとまりが出てきたら、クッキングシートにのせて電子レンジにかけて水分を飛ばします。
荒熱がとれたら冷蔵庫に入れて数時間後にもう一度電子レンジに入れ、水分を飛ばします。
この作業も3回~5回繰り返します。
にんにく卵黄ソルト13  にんにく卵黄ソルト11
1000w1分20秒くらい
1000w(ワット)で約1分20秒から1分30秒くらいで丁度良い感じで水分が飛びます。

6) 手で触った時にカチカチ感があると感じたら、粉にします。
にんにく卵黄ソルト14
ミルサーのような粉状にできるクッキングマシンを使うと便利です。昔はすり鉢で擂っていました。
にんにく卵黄ソルト15  にんにく卵黄
粉にすると焦げ茶だったにんにく卵黄が黄土色というか黄色に近い色になります。
にんにく卵黄ソルト16

≪ここまででにんにく卵黄はできあがります。≫

7) (6)に岩塩、ハーブ類、香辛料などを入れてヘラで良く混ぜます。
にんにく卵黄ソルト20  にんにく卵黄ソルト22  にんにく卵黄ソルト21

もう一度焼き塩する
混ぜたハーブにんにく卵黄塩をもう一度フライパンでカラ炒りするとまろやかな味になります。

熱がとれたら保存袋に入れできれば袋の口を開いたまま一日以上冷蔵庫保管することをお勧めします。
岩塩でつくったハーブ塩は1年以上保存できます。
とにかくよく乾燥させることが腐らせず長くもたせるためのポイントです。

にんにく卵黄ソルトできあがり


にんにくの香りが強いので保存袋、またはビンなどに入れてきっちり封をしてください。
冷蔵庫保管で2年くらいは平気で持ちます。(ただしよく乾燥させていることが条件です。)
万が一カビ等を発見した時には残念ですが廃棄して下さい。
(私がこれまで作ったにんにく卵黄ソルトは一度もカビは発生しませんでした。)
(一番長い時で2年半で調味料として使い切りました。)

1290gのにんにく卵黄塩ができあがりました。
にんにく卵黄は、400gのにんにくと卵黄4個で、178gのにんにく卵黄ができあがりました。
これからもう少し乾燥すると思われますので、にんにく卵黄は170g程度のできあがりになるかな。(参考までに)

【一口メモ】
普通の塩は塩化ナトリウムですが、岩塩は塩化ナトリウムに加えて塩化マグネシウムを多く含んでいる場合が多いです。
にんにく卵黄ソルト20
塩化マグネシウムが入っていることで、塩化ナトリウムだけで料理をする場合と比べると、ナトリウムの摂取量を減少させる効果が期待できます。
高血圧の為の減塩レシピでは食事が美味しくないと思う時には、塩化マグネシウムの含有量が多い塩を使うことで満足できるはずです。
減塩塩という名前で売られている塩は塩化ナトリウムを減らして、その分塩化カリウムを加えた塩のことで、ナトリウム摂取量が減るという点では岩塩と似ていると思います。
クレージーソルト等もそういうものと同じですね。
こういった特性を良く理解して、コショウ等の香辛料や酢などと併せて、減塩料理に上手く使いたいものです。
にんにく卵黄岩塩は焼いた肉に振り塩をしていただいたり、スペアリブの下味に使ったり、肉と野菜を煮る時でも炒める時でも使えます。
鶏肉のから揚げの下味にはこのにんにく卵黄岩塩と赤ワインだけでとても良い味になります。
魚料理では焼き魚に振り塩の代わりに使ってもよいです。
この調味料があるだけでサラダ、煮物、焼きもの、和えもの等幅広く使えますので重宝します。
焼いただけの豚肉や牛肉に今回作ったにんにく卵黄ハーブ塩のみをひねり塩をするようにふりかけますと、びっくりするくらい美味しいですよ。^^

また、レシピの材料に「上記2品でにんにく卵黄ができます。」と、記載していますが、にんにく卵黄は血液の状態をよくしてくれたり滋養強壮にも良いので、岩塩を入れたにんにく卵黄岩塩ではなく、手作りにんにく卵黄だけを摂取するのもよいですよ。
市販されているカプセルなどにつめておくと毎日飲むのが楽ですね。

にんにくのニオイや味が気にならない方は、小さじ半分程度を毎朝召し上がるとよいと思います。

にんにく卵黄ソルト17

2年前に作ったにんにく卵黄岩塩ハーブと今年作ったにんにく卵黄岩塩ハーブの比較
にんにく卵黄ソルト23
(今年作った手作りにんにく卵黄岩塩ハーブは、にんにく卵黄の量を増やした事と紅岩塩を使ったので2年前のものと比べて結構色が濃いです。)

2.5ccさじで2gの減塩ハーブ塩
2.5cc小さじ2分の1の軽量スプーン1杯で2gになります。
小さじ1杯の時4gです。
このにんにく卵黄塩はオリジナルで通称「ポパ塩」と10年くらい前から知り合いに呼ばれております。

ポパ塩レシピのひとつ

【ポパ塩を使ったレシピ・ポパ塩ラーメン】
ポパ塩小さじ1 対 中華出汁(顆粒)小さじ一杯の割合でお湯に溶かして好みの麺(生ラーメン、パスタ)等をつかって、野菜をたっぷり入れたヘルシー減塩塩ラーメンができます。
後日画像は掲載しますね。




毎日の食事食生活というのはほんとに大切なんですね。
食事が終わった後に喉が渇くか乾かないかで、
その時の料理の塩分が多いか少ないかの目安にもなりますね。

カロリー計算や塩分計算については、あくまでも素人であり
主人の減塩食紹介ということをご理解くださいませ。
日々の健康減塩レシピにお役立ていただければ幸いです。m(^^)m

ブログランキングへ
ranking
人気ブログランキングこちら

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
健康応援^^



高血圧食事療法で治す@減塩レシピ」トップページに戻る 運動

<<くるみ入りベーグル高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ・焼き茄子の長芋添え>>

<<くるみ入りベーグル高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ・焼き茄子の長芋添え>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。