高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > スポンサー広告 > ピーナッツ(生らっかせいで作る)豆腐

高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > 減塩レシビ(野菜中心) > ピーナッツ(生らっかせいで作る)豆腐

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減塩レシビ(野菜中心)

ピーナッツ(生らっかせいで作る)豆腐



【減塩レシピ】・ピーナッツ豆腐(落花生豆腐)



くず粉で作るピーナッツ豆腐
01
 (塩分量 )一人分の塩分量約1g(お醤油で食した場合の塩分量です)
【材料(4人分)】
(から付きの生の落花生で作ります)
・生落花生(ピーナッツ)40粒(茹でて約160g)くらい
・くず粉50g
・水100cc
・塩 小さじ一杯(生のから付きピーナッツを茹でる時に使います)


【レシピ】
1) 殻つき(から付き)の生の落花生を塩茹でします。
水500ccに5g程度の塩を入れて、20分くらい茹でます。
02

2) 茹で上がったら殻から取り出して、渋皮がついたまま、 ミキサーにかけます。
(私はハンドブレンダーを使いました)
03
03
3) 鍋に水100ccと、くず粉を入れて良くかき混ぜて、 弱火にかけます。

4) くず粉がよくまざったら、②を入れて、木ベラでよくかき混ぜます。
04
なべ底にくっついてきそうになったら火を止めて、
熱いうちに型に流し込んで、あら熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。

05

5)水で手をぬらして、型からピーナツ豆腐を取り出して、 食べやすい大きさに切って器に盛り、完成です。
06

メニュー カロリー(kcal) 塩分量(g)
ピーナッツ豆腐 約160kcal 1

06


【一口メモ】
ピーナッツの脂質には、
リノール酸、オレイン酸などの、コレステロール値を下げてくれる 働きがあり、高血圧の人や糖尿病の人には、 とてもありがたい食材です。

塩ゆでピーナッツのままだと、お酒のつまみ、またはおやつでいただけます。

ごま豆腐と同じように、だし醤油、または、普通の醤油で食すと美味しいです。
ご飯のおかずの一品になります。

普通に市販されている落花生ではなく、生の落花生ということをご承知下さいね^^
落花生の収穫の時期に手に入れることができなければ、
茹でて売られている塩ゆで落花生や冷凍で売られている落花生(ピーナッツ)で作って下さいね。

千葉県八街産ゆで落花生500g
生のピーナッツ100g中の主な栄養素の中で、 注目すべきは、
ビタミンE10.9mg カリウム740mg マグネシウム170mg
その他、パントテン酸2.56mgや、葉酸76μg(マイクログラム) ナイアシン17mg
などなどです。

VB群のナイアシンは、 肝臓で、糖分、脂肪の代謝を促してくれるますので、ダイエットにも有効かと^^
ただし、ピーナッツそのもののカロリーが高いので、食べ過ぎには注意して下さい。

落花生、茹で100gのカロリー
288kcal
くず粉(くずでんぷん)100gのカロリー
347kcal
(五訂増補日本食品標準成分表より)



毎日の食事食生活というのはほんとに大切なんで すね。
食事が終わった後に、喉が渇くか乾かないかで、その時の料理の塩分が多いか 少ないかの目安にもなりますね。
減塩料理は、素材の味を引き立ててくれますよ^^
減塩料理を作るようになって早2年半
塩を多く使うと、食材の味が失われることに気がつきました。


カロリー計算や塩分計算については、あくまでも素人であり
主人の 減塩食紹介ということをご理解くださいませ。
日々の献立にお役立ていただければ幸いです。m(^^)m
間違いなどありましたら、拍手ページからコメントでお願いいたします。
これまでも、ご指摘下さった方には感謝しております。m__m

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いします。

ranking
人気ブログランキングへ
健康応援ポチッとお願いします^^
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
高血圧食事療法で治す@減塩レシピ」トップページに戻る 運動

<<超簡単! しらすと夏野菜のシソ和え高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピグリンピース(えんどう豆と他4種類の豆)のスープ>>

<<超簡単! しらすと夏野菜のシソ和え高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピグリンピース(えんどう豆と他4種類の豆)のスープ>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。