高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > スポンサー広告 > 自然薯(じねんじょ山芋)のちぢみ

高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピ > 減塩レシビ(野菜中心) > 自然薯(じねんじょ山芋)のちぢみ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減塩レシビ(野菜中心)

自然薯(じねんじょ山芋)のちぢみ


減塩レシピ】・超簡単 山芋のちぢみ



材料(2人分) (塩分量 醤油 大さじ一杯分(約15ccで、3g)一人分の塩分量1.5g
【材料】 ・自然薯(じねんじょ山芋)約300g
・ニラ1束(約30g)
・小葱20g
・醤油大さじ一杯
・焼き用油(ごま油小さじ1杯程度)
・つけだれ(お好みで、酢醤油にごま油やコチュジャン等入れたもの)

ジャガイモをすりおろして、小麦粉を加えて作るちぢみとは少し違いますよ^^


【レシピ】
1) 山芋は皮の部分をピーラーでむいて、おろし器ですりおろします。

2) ニラと小葱は小さめに切っておきます。

3) (1)と(2)をよーく混ぜて、醤油をかけて、さらによく練ります。

自然薯(じねんじょ山芋)ちぢみ01
(ニラに火を通してから山芋に入れていれば、このままで、とろろかけご飯ていただけます。)
(または、ニラを入れなければ、そのままとろろご飯につかえますよ。)
4) ごま油を少しフライパンになじませて、
食べやすい大きさになるよう、スプーンですくって 両面を焼きます。
自然薯(じねんじょ山芋)ちぢみ02
  できあがりでございます。!!^^
自然薯(じねんじょ山芋)ちぢみ03

小麦粉や卵を使っていないので、カロリーは抑えめです。
つけダレにつけなくても美味しくいただけます。
食感は、モチモチッとした感じで、ジャガイモと小麦粉で作るちぢみとよく似ています。
メニュー カロリー(kcal) 塩分量(g)
山芋のちぢみ 約200kcal 1.5g

自然薯(じねんじょ山芋)ちぢみ03


【一口メモ】
やまのいも類には、 いちょういも、長芋、やまと芋、じねんじょ、だいじょ、等、種類があります。
やまと芋の100gのカロリーは、123kcalです。
(じねんじょ)は121kcal。
(ながいも)が一番カロリーが低いのですが、カロリーの違いは、水分量にあります。
水分が多ければ、カロリーは低くなりますわね^^

また、やまいもは、一気に一本をすりおろして、冷凍保存するといいですよ。
山芋には食物繊維が豊富に含まれているので、すりおろして生で食べると、
消化に時間がかかり、腹持ちがよいのです。
また、腸のお掃除もしてくれます。
健康にも美容にもいいですよね。
消化に時間がかかるものは、血糖値の上昇をゆっくりにしてくれるので、
糖尿病の方の食事にも山芋はよいですよ^^
我が家の夫は、塩分を気にしているせいか、からしをつけて食べていました。
食べ方は、好みで色々と試してみるのもいいと思いますよ^^


毎日の食事食生活というのはほんとに大切なんで すね。
食事が終わった後に、喉が渇くか乾かないかで、その時の料理の塩分が多いか 少ないかの目安にもなりますね。


カロリー計算や塩分計算については、あくまでも素人であり
主人の 減塩食紹介ということをご理解くださいませ。
日々の献立にお役立ていただければ幸いです。m(^^)m
間違いなどありましたら、拍手ページコメントにてお願いいたします。
これまでも、ご指摘下さった方には感謝しております。m__m

ブログランキングに参加しています。
応援していただける方はポチッとクリックをお願いします。
ranking
人気ブログランキングへ
健康応援ポチッとお願いします^^
にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
高血圧食事療法で治す@減塩レシピ」トップページに戻る 運動

<<グリンピース(えんどう豆と他4種類の豆)のスープ高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピかつお節と大根のサラダ(海苔トッピング)>>

<<グリンピース(えんどう豆と他4種類の豆)のスープ高血圧を食事療法で治そう@減塩レシピかつお節と大根のサラダ(海苔トッピング)>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。